矯正歯科でコンプレックスをKO|Smileで歯をアピール

dentistry

抜歯するタイミング

親知らずがもたらす問題とは

dentist

親知らずは智歯とも呼ばれ、20歳以降に生えてくることの多い一番奥に位置する歯です。きちんと生えそろう人は全体のおよそ3割くらいで、ほとんどの人は何かしら親知らずに問題を抱えることが多いものです。 親知らずに発生する問題の1つに埋伏や不完全な萌出があります。特に親知らずの一部に歯肉が覆いかぶさっている状態になっていると、特に奥歯でブラッシングがしづらいために歯肉部分で炎症が起きやすく、智歯歯周炎という病気につながります。智歯歯周炎になると、強い痛みや腫れで口が開けにくくなるなどの症状がでます。もし、親知らずが真っ直ぐに生えていない場合は、抜歯を行うとしても大きな切開や、場合によっては手術が必要になることもあります。

必ず抜歯しなくてはいけないのか

親知らずがあったら、抜歯した方がよいとよく言われますが、必ずしも抜歯が必要な歯ではありません。真っ直ぐきちんと生えており、噛みあわせに関与していて、虫歯や智歯歯周炎を引き起こしていなければ、そのまま保持していてよい歯です。 一方で、頻繁に智歯歯周炎を起こしたり、一度でも虫歯になってしまった場合は、抜歯をした方が予後がよいでしょう。また、曲がって生えているために周囲の歯に影響を及ぼしている場合も抜歯対象になります。ただ曲がっているだけで、矯正治療により正しい位置に戻せると判断できる場合は抜歯をしない場合もあります。 抜歯を行うことは、腫れや痛みなども伴うので、安易に判断せず、歯科医と十分にその必要性を相談するようにしましょう。